Archive for the ‘未分類’ Category

美容ドリンクやサプリメントも効果的

しわやたるみ、乾燥肌の改善には化粧品を塗るだけではなくコラーゲンなどの美容ドリンクを飲んでも効果があります。
特定の日までに肌の調子を上げたいという場合には、普段の化粧品でのお手入れの他にパックなどのスペシャルケアを行うだけではなくドリンクやサプリメントを取り入れるとより効果的になります。
特にドリンクタイプは消化吸収がよく一度に大量の美容成分を摂取することができるため、即効性があります。
肌の新陳代謝は夜10時から2時の間に活発になり吸収率が高まるため、寝る前に飲むとより効果を発揮しやすくなります。
市販のコラーゲンドリンクなどは夜飲むことを考慮して1本当たりの量が少なく、カロリーも控えめに作られていたりノンカフェインで睡眠を妨害しないようになっているため安心して飲むことができます。
どうしてもドリンクは味が気になるという場合には錠剤などのサプリメントが飲みやすく、価格も安価で継続利用しやすくなります。
ドリンクはお値段が高いものが多いので毎日飲むのは難しいという場合には、普段はサプリメントで週1、2回ドリンクを取り入れるという方法も継続的に美容成分を取り入れることができるので美肌効果があります。

コップ一杯の白湯で温める

朝コップ一杯の白湯を飲むだけで、体が温まって新陳代謝が良くなり痩せやすい体に変化していきます。
体が温まると新陳代謝が高くなって、より沢山の脂肪を燃焼してくれます。また朝に代謝をあげると一日中それが続くので、食べても太りにくくなってくるのです。
そればかりではなく朝水分を摂ると老廃物が排出しやすくなります。寝ている間は水分補給できないので、血液の粘度が高くなって流れにくくなっていますが、そこに水分を補給すると血液がサラサラになってきます。血行が良くなると代謝が上がるのはもちろんですが、老廃物も取り入れて体の外に流してくれるのでデトックス効果もあります。また腸を刺激するので、便秘解消にも効果的です。
このように冷え性の人や便秘に悩んでいる人、痩せたい人は毎朝コップ一杯の白湯を飲むことで体質が変えられます。
ダイエットの為に白湯を飲むなら、食事を摂る時や寝る前にも飲むようにすると良いでしょう。食事中に飲むと消化を助け、代謝をあげる働きをします。また眠りが浅かったり睡眠時間が足りていないと太りやすくなるので、寝る前にコップ一杯の白湯で体を温めると副交感神経が優位になってリラックスでき良く眠れるようになります。

冷えはNG!入浴などで末梢神経を温めよう

末梢神経は、脳や脊髄などの中枢神経から全身に広がっている神経のことで、運動神経や感覚神経、自律神経が含まれます。運転や長時間のデスクワークなど同じ姿勢を続けたり、無理な姿勢をすることで筋肉がこわばり、血管を圧迫すると同時に末梢神経も圧迫すること葉03で傷付けてしまいます。傷付くとしびれやコリなどを感じるようになります。長時間正座すると足がしびれることが良く知られており、またデスクワークをした人が肩や腰に痛みやコリを訴えるのも同様です。それを解消するためにも末梢神経を傷付けない様にすることも大切です。筋肉が固まりこわばることで影響を与えるなら、入浴で筋肉を温めてあげましょう。マッサージや運動などで身体を温め体をほぐすことも良いですが、仕事をしていると運動する時間やマッサージに行く余裕がない人もいるのではないでしょうか。しかしお風呂は多くの人が毎日入ると思われます。そこで毎日5分だけ長く入浴してみる。シャワーしか浴びない人なら少し長めにシャワーを体にかけたり、膝くらいまでお湯を張って足湯をしてみたりと、身体を温める方法は入浴以外にもあります。硬直した筋肉を温めほぐし、疲れを取ることでゆっくりと眠ることも出来ます。末梢神経を温め守ることで、自分の身体も守りましょう。

強い光や音の刺激はNG

質の良い睡眠はどのようにして得られるのでしょうか?起きた時になんとなくすっきりしない、眠り足りない、疲れがとれていないと感じるときは、睡眠の質が良くないことが考えられます。良い睡眠をとるには強い光や音の刺激は大敵です。目覚まし代わりに枕元に携帯電話葉02を置いて眠るという人は多いかと思いますが、着信などで携帯が発する音や光が睡眠中に眠りの邪魔をしているかもしれません。TVや音楽をかけたまま眠るという人は、睡眠中も耳から入る音で脳が休めていないかもしれません。弱い光や音はリラックス効果があるものもありますが、睡眠中は体にあまり刺激を与えないほうが体が休まります。又、眠る前に携帯電話でメールのやりとりやゲーム、SNSのチェックなどを行うのはこれから眠りに入る頭や体に休まらない刺激を与えるので、あまりお勧めしません。寝ている人に光を当てたり、暗いままの部屋で過ごしたりすることで、体内時計が狂うと言われています。それほど、身体と脳には明るさが影響しているのです。良い睡眠は美容液や美容サプリメントの効果と同じぐらい美容に切っても切り離せない相互作用を及ぼします。きれいになるための正しい睡眠をとりましょう。

よい睡眠を摂るために準備しておきたいこと

食事、運動、睡眠は人間が健康で過ごすために必要なものです。
栄養バランスのよい食事、適度な運動、質の高い睡眠に注意を払わなければなりません。
しかし質の高い睡眠という部分に関しては、寝ている間に何かを意識する事が出来ませんから寝る花08前に質を高めるための準備をしておく必要があります。
人は眠っている間に副交感神経が働いて心を落ち着けていきます。
交感神経が本来動きを止めるべき時間ですが、興奮状態が続いていると交感神経が働いてしまい副交感神経が上手く働く事が出来なくなります。
そうなると深い眠りに入れず、疲れもとれません。
寝る前には心を落ち着けるため、難しい本を読んだり、勉強したりというような頭を使う事は避けるのがよいでしょう。
またお酒を飲んですぐに眠るのも避けるべき点です。
お酒を飲んで肝臓が分解している途中で眠りについてしまうと上手く分解がなされずに次の日に残ってしまう上、肝機能に悪影響を与える可能性があります。
お酒を飲むのはせめて眠る2時間以上前にしておくべきです。
また、疲労回復を促すために身体が冷えないように冷たいものの飲食は避け血流がよくなるようにするなど、寝る前に出来る準備はたくさんあります。

洗い流さないトリートメントでできる睡眠中のヘアケア

洗い流さないトリートメントと聞いて一番に思いつくのは「簡単」だということです。
毎日のヘアケアですから、簡単で続けられるものを選ぶとよいでしょう。
洗い流さないトリートメントなら、お風呂上りに髪の毛にササッとなじませておくだけで、しっとりサラサラで艶やかな髪を保ちます。
使用量も髪になじむ分だけですので、洗い流すトリートメントと違い必要以上に消費することがありません。
少量で花07艶が出てパサつき・髪の広がりをを抑えることができます。
更に、洗い流さないということは節水にもなり、地球を労わる優れものです。
すすぎ残しでお肌が荒れたりすることもありません。
香りを利用したアロマ効果も抜群です。
使用量で香りの強弱を簡単に調整できますし、混ぜることで自分だけの新しい香りを作ることも可能です。
お気に入りの香りでリラックス、健やかな睡眠に誘います。
電気を使わないのでお財布にも優しく、火を使わないので途中で眠ってしまってもいいところは安心で嬉しいです。
枕との擦れで発生する静電気も抑えることができますので、翌朝の髪の広がりやハネに困ることも少ないです。
毎日のヘアケアでダメージの繰り返しを防ぎ、健やかで質の良い髪へ育てます。

ほっそり脚を作るむくみ対策ソックス

 

足は心臓から最も遠いので血流が悪くなりがちで、さらに重力の影響によって水が溜まりやすくなります。
そこでたまった水分によって、足の全体が太くなったり、足首が目立たなくなってしまう事は珍しくありません。
それをむくみと呼びます。

仰向けに寝て足を高くするとか、マッサージをする事によって解消できますが、忙しい人にとってはそういった事をする事自体ストレスになりかねません。
もっと手軽にむくみを治したいと思ったら、ソックスの着用が便利です。
ただ、この時に着用するのは普段使っている物ではなく、着圧ソックスを利用しましょう。
これは通常の物とは違って、適度に圧力をかける事ができます。
足に適度な圧力をかける事によって、血流が良くなるため、むくみ自体を解消する事ができる物です。
履いているだけで良いので、マッサージなどをする時間がないという人でも簡単に行う事ができます。

ただ、圧力であればどんな風にかけても良い、強ければ強いだけ良いかと言ったら決してそうではありません。
締め付けが強すぎるとうっ血したり痛みを発生してしまう事が有ります。
ソックスを選ぶ時は、足首の太さに合わせて選び、痛みを感じる事無く着用できるものを選ぶ様にしましょう。

美しい手を作る、ハンドクリーム&手袋

 

自分はあまり気にしていなくても、他人は結構相手の手を見ている事があります。
手自体はsのまま放置しておくと荒れたままになってしまう場合も多々ありますが、正しいハンドケアをする事によって美しさを取り戻す事は可能です。
ただあまりにも特別な方法となってしまうと継続する事はなかなかできません。
1回2回は行う事ができたとしても、1か月、2か月の単位で続ける事はかなり難しくなります。
重要なのは手軽に出来る事、そしてなおかつ高い効果が期待できる事と言って良いでしょう。

手軽に出来る方法の一つが、クリームを使う方法です。
ただこまめに手に塗るだけでも良いのですが、クリームを塗っているとべたついてしまって不都合さを感じる事もあります。
そこで注目したいのが、寝ている間のハンドケアです。
寝ている間であれば何かしなければいけないという訳ではないので、クリームがついていたとしても何ら問題はありません。

手軽に出来てお勧めの方法は、ハンドクリームを付ける方法です。
それ以外にもワセリンを使っても良いでしょう。
乾燥や肌荒れなどが気になる部分に丁寧に擦りこみ、後は手袋を使ってしっかりと保湿すれば、より高い効果が期待できます。
また手を保護している状態なので、ワセリンなどによって布団が汚れてしまう心配もありません。

美容のために寝ながら出来ることって?

寝ながらでも簡単に綺麗になれる方法で、一番おすすめなのが、睡眠美容法です。
睡眠をしっかりとることで、肌の細胞の生まれ変わりを促進させることができます。

より効果をアップさせるには、まず寝る前にビタミンCを摂取しましょう。
寝る前に摂取することで、コラーゲンの生成を助けれくれます。

そして寝る時の照明の明るさも大切です。
赤系の暗い照明にすることで、血圧の上昇を抑えられたり、リラックス効果もあります。
お部屋を薄暗くすることによって、心が落ち着き、より深い睡眠をとることができます。

また、より効果をアップさせるには、アロマをたくと良いでしょう。
香りによっても良質な睡眠をとることができます。
ラベンダーは特におすすめで、神経の緊張や不安を和らげてくれる効果があります。
また、カモマイルは不安や怒りなどを鎮静させてくれるので、不眠症に効果があるとも言われています。

そして最後に睡眠をとる時間がもっとも大切です。
ゴールデンタイムといわれる10時から2時の間に寝ておくと、新陳代謝を活発にさせてくれたり、古くなった細胞を修復してくれますので、この時間に睡眠をとることは綺麗になる近道です。
また、健康にも良いので、体調も良くなりお肌の調子もさらに良くなるでしょう。