強い光や音の刺激はNG

質の良い睡眠はどのようにして得られるのでしょうか?起きた時になんとなくすっきりしない、眠り足りない、疲れがとれていないと感じるときは、睡眠の質が良くないことが考えられます。良い睡眠をとるには強い光や音の刺激は大敵です。目覚まし代わりに枕元に携帯電話葉02を置いて眠るという人は多いかと思いますが、着信などで携帯が発する音や光が睡眠中に眠りの邪魔をしているかもしれません。TVや音楽をかけたまま眠るという人は、睡眠中も耳から入る音で脳が休めていないかもしれません。弱い光や音はリラックス効果があるものもありますが、睡眠中は体にあまり刺激を与えないほうが体が休まります。又、眠る前に携帯電話でメールのやりとりやゲーム、SNSのチェックなどを行うのはこれから眠りに入る頭や体に休まらない刺激を与えるので、あまりお勧めしません。寝ている人に光を当てたり、暗いままの部屋で過ごしたりすることで、体内時計が狂うと言われています。それほど、身体と脳には明るさが影響しているのです。良い睡眠は美容液や美容サプリメントの効果と同じぐらい美容に切っても切り離せない相互作用を及ぼします。きれいになるための正しい睡眠をとりましょう。

Comments are closed.