よい睡眠を摂るために準備しておきたいこと

食事、運動、睡眠は人間が健康で過ごすために必要なものです。
栄養バランスのよい食事、適度な運動、質の高い睡眠に注意を払わなければなりません。
しかし質の高い睡眠という部分に関しては、寝ている間に何かを意識する事が出来ませんから寝る花08前に質を高めるための準備をしておく必要があります。
人は眠っている間に副交感神経が働いて心を落ち着けていきます。
交感神経が本来動きを止めるべき時間ですが、興奮状態が続いていると交感神経が働いてしまい副交感神経が上手く働く事が出来なくなります。
そうなると深い眠りに入れず、疲れもとれません。
寝る前には心を落ち着けるため、難しい本を読んだり、勉強したりというような頭を使う事は避けるのがよいでしょう。
またお酒を飲んですぐに眠るのも避けるべき点です。
お酒を飲んで肝臓が分解している途中で眠りについてしまうと上手く分解がなされずに次の日に残ってしまう上、肝機能に悪影響を与える可能性があります。
お酒を飲むのはせめて眠る2時間以上前にしておくべきです。
また、疲労回復を促すために身体が冷えないように冷たいものの飲食は避け血流がよくなるようにするなど、寝る前に出来る準備はたくさんあります。

Comments are closed.